大手ハウスメーカーvs地域の工務店。それぞれの特徴とあなたに合う業者の選び方

ハウスメーカーの特徴を知ろう

住宅を建築する場合には、ハウスメーカーで建築する人が多いです。ハウスメーカーは全国的に展開しているところが多く、テレビコマーシャルでもやっているので知名度の高いところも多いのです。ハウスメーカーの特徴は、しっかりとつくりの建物が多いのです。各社がブランドを持っており、商品パックにしている所もたくさんあります。ハウスメーカーは資力がありますので、補償期間も工務店で建てるよりも長くなっています。
住宅を建てる時に気になるのは、費用です。ハウスメーカーはブランドがある分、費用が高くなりやすいという点も忘れてはいけません。坪単価70万円以上の所も珍しくありません。もちろん、その分満足度の高い建物になります。

工務店の特徴とは何か

ハウスメーカーで住宅を建てる以外に工務店で住宅を建てる人も多いです。大手工務店もありますが、基本的には地域密着型の小さいところが多いです。工務店の特徴は、小さな会社であればあるほど、その地域についての情報が多くなります。住宅の建て方やその土地の建物の特徴についてよく知っています。また、住宅の設計の場面では、細かい方々まで聞き入れてくれるので助かるでしょう。対応の仕方がハウスメーカーに比べると非常に柔軟なところが多いのです。さらに、坪単価が安いのも特徴です。1坪60万円前後の工務店が多いのは間違いありません。
工務店は、資力がそれほど大きな所は少ないため、保証の期間もハウスメーカーよりも短いところが多くなってしまいますが、魅力あふれる個性的な住宅を建築するでしょう。

注文住宅とは異なり、建物が完成後に土地と建物をセットで売却するものが建売住宅です。基礎だけ完成している状態で仕上げは注文できるものもあります。